運営目的

「特定非営利活動法人さざなみ会」は、精神保健を考える市民団体として1987年に発足しました。

1988年4月
地域作業所シャロームの家を開所。
1991年4月
地域作業所工房タッチを開所。

2006年
NPO法人格を取得、両者とも地域活動支援センターとして運営を開始。
2009年8月
第2シャロームの家を開所。

2013年2月から
「シャロームの家」、「第2シャロームの家」は指定障害福祉サービス事業所就労継続支援B型に移行し、新たなるスタート。

2015年4月より
「第2シャロームの家」は「森の庭」に、名称を変更。
同年7月になり、移行支援事業を開始し多機能型事業所としての運営が本格開始しました。

この法人は、精神保健福祉知識の啓発のために研修会及び学習会を実施し、障害福祉サービス事業等を通じて障害者の社会復帰・社会参加をの促進、社会的自立を図るための活動を推進することを目的としています。

作業風景1作業風景-白装束

森の庭の就労移行支援事業、就労継続支援B型事業について・・・

◎施設紹介
就労移行部屋
プログラム風景スポーツプログラム

 さざなみ会は現在5つの事業所(内、1事業所は多機能型 森の庭)があります。

 多機能型の森の庭ではケーキ・クッキー作り、販売、カフェのホール・キッチン、その他、多様な業務を経験できることが大きな特徴です。

 社会経験が少なくてもスモールステップでスキルアップすることができます。また「生活支援なくして就労支援なし」という観点から生活支援を

 多職種で連携して行うなど、就労継続の土台作りに注力します。

 プログラムは障害を含めた自己理解、コミュニケーションを要するグループワーク、対人関係を重視し、実務経験を積むことで、自信を養う事

 を大切にしています。また事業所外の活動の豊富です。スポーツ、BBQ、旅行、地域交流会など実施。チームワークや役割、リーダーシップなど

 新たな一面が見えることも少なくないです。

 就労支援事業所は模擬オフィス、失敗を恐れずに行動・挑戦することを応援します。

 興味があれば、是非見学にいらしてください。


★就労移行1日のスケジュール
9:00~09:40 9:00開所/日報記入、その他準備

9:40~10:15 朝礼/服装・唱和・体操・掃除など

10:15~11:30 B勤実務訓練

11:30~12:30 お昼休み

12:30~13:45 C勤プログラム

13:45~14:00 休憩

14:00~15:15 D勤/自習・相談

15:15~15:30 終礼/日報記入、一日の振り返り

15:30~16:00 16:00閉所

★森の庭(就労移行) 就労実績
28年度
06月 30代男性 弁当業 弁当配達

07月 30代男性 製造業 工場内作業

09月 30代男性 レンタル業 軽作業

09月 40代女性 サービス業 食堂

1o月 20代女性 警備会社 一般事務

11月 10代女性 運輸会社 軽作業

11月 40代男性 社会福祉法人 クリーニング作業・その他

12月 40代女性 運輸会社 一般事務・その他
03月 30代男性 子供用品小売業 バックヤード・陳列・品出し
29年度
04月 20代女性 化粧品メーカー 工場内作業
04月 30代男性 医療法人(病院) 看護助手
08月 20代男性 福祉施設  支援職
09月 30代男性 小売業  バックヤード・陳列・品出し
11月 20代女性 アパレルメーカー  販売

  

   ★プログラム

   ○自己理解・・・自分の疾病や特性などの理解を深め、自分の強みを生かし、弱みと上手に付き合う方法を学びます。

   ○グループワーク・・・自分の意思を伝える、他者の意見を尊重する、協調性を身につけます。

   ○コミュ二ケーション・・・仕事で必要な報連相の習慣、休み時間の会話力、雑談力を身につけます。

   ○SST・・・職場や生活の中で困る場面などを想定。対応策を皆で考え、出したアイディアを実践し身につけます。

   ○トレーニング・・・仕事に必要な体力をつけます。またスポーツを通してチームワークを学びます。

   ○就労対策・・・就職に必要な知識を身につけます。

   ○PC対策・・・PCの基本操作ができるようになります。

   ★自己管理ツール

   ○みだしなみチェック・・・仕事に適したみだしなみが身につくようになります。

   ○睡眠表・・・生活のリズムが安定するように自己管理能力を身につけます。

   ○セルフケアーシート・・・自分の調子を自覚して自分で対処する力を養います。

   ★実務作業訓練

   製造作業・軽作業・販売・カフェ業務・入力業務・交通費精算・レシート仕分け・ファイリング・名刺管理

   様々な業務を体験し、業務遂行能力と基本的な労働習慣を身につけます。

 

★アクセス方法(バス交通)
<上り>磯子車庫前(徒歩2分)
58系統 磯子車庫前→本牧→中華街入口→日本大通り入口→馬車道駅前→桜木町駅前→横浜駅改札口前→横浜駅前
99系統・110系統 磯子車庫前→伊勢佐木長者町→馬車道駅→横浜駅改札口前→横浜駅東口
113系統(急行327系統)磯子車庫前→弘明寺→井戸々谷駅→保土ヶ谷東口

<下り>磯子車庫前(徒歩0分)
293系統 磯子車庫前→杉田駅前→氷取沢
110系統 磯子車庫前→杉田→金沢文庫→金沢八景→追浜駅→追浜車庫


就労継続B型について


こだわりの焼き菓子、販売をはじめ情報誌のカフェスタッフ、パソコン作業など様々な活動を行います。
利用者一人ひとりの個性や強みを引き出し、それらを活かしながら、きめ細やかなサポートを実施しております。
就労継続B型ー 作業を通して働くことのやりがいを実感しつつ、様々なレクリエーションも楽しみながら日々活動をしております。
【定員20名/利用期間・無制限】
森の庭外覧森の庭ガーデン
自慢のオープンガーデンは、地域の皆様をはじめ、たくさんの方々に、フリースペースとして開放しております。
施設内で作った焼き菓子やソフトドリンクなどもご注文頂けます。持ち込みも自由です!

まいにち日替わりで焼き菓子を自主製品として作り、近隣のケアプラザ、地下鉄上大岡、磯子区役所カフェ、
その他イベントに呼んで頂き、販売も展開しており、企業や県などからの大口注文も頂いております。
定期販売スケジュールは商品一覧・販売をご覧ください。

磯子区役所1階ロビーのカフェ ル・シエールは、磯子区内の障害者施設16団体で運営し、
その事務局を第2シャロームの家が担わせていただいております。

カフェ ル・シエールについてはこちら

▼アクセス方法はこちら

屏風浦駅下車・徒歩7分、磯子車庫前バス停下車・徒歩10分。磯子区森三丁目、白旗のバス停からすぐのところにあります。